ひざの痛み

ひざの痛みには様々な原因が考えられます。ご自身の腰痛の原因を理解し、正しい治療をしていきましょう。

原因と考えられる病気

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)

変形性膝関節症とは、加齢や長年のひざへの負荷によって、ひざ関節のクッションの役割をしている軟骨がすり減ったり、膝関節の炎症や変形が起き、痛みが生じる病気です。
詳しくはこちらをご覧ください。

膝靭帯損傷(ひざじんたいそんしょう)

関節を安定させる役割を担っている靱帯が、強い衝撃や大きな負担によって、損傷してしまうものです。スポーツや交通事故などで損傷してしまう事が多く、部分的損傷、あるいは断裂を起こしてしまう事もあります。
詳しくはこちらをご覧ください。

半月板損傷(はんげつばんそんしょう)

半月板は膝関節においてクッションの役割と、膝を安定させる役割を担う軟骨組織です。
これが膝への強い衝撃や大きな負担、靱帯損傷の合併症などで損傷してしまうものが、半月板損傷です。
詳しくはこちらをご覧ください。