肩の痛み

肩の痛みや肩こりには様々な原因が考えられます。ご自身の腰痛の原因を理解し、正しい治療をしていきましょう。

原因と考えられる病気

五十肩(ごじゅうかた)

五十肩は肩関節の周りの炎症で生じる疾患です。

石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)

石灰沈着性腱板炎は肩腱板内にリン酸カルシウム結晶が沈着し、急激な痛みがでるものです。痛みだけでなく可動制限も生じるもので、中高年の女性に多く見られる疾患です。

頚椎症(けいついしょう)

頸椎とは首のことで、頸椎症とは、頸椎が変形したり、椎間板のズレや靱帯の肥厚によって痛みを生じる病気です。

肩腱板損傷(かたけんばんそんしょう)

肩甲骨と腕の骨をつないでいる腱板が損傷、断裂してしまうものです。
腱板の断裂は若い人にはほとんどみられない病気で、50~60代以降の方に多く発症します。特に仕事やスポーツで肩を酷使してきた人は注意が必要です。